ここだけの消費者金融話

HOME >

消費者金融の審査で有利な人

消費者金融でお金を借りる際に、身分証を提出しますが、何を提出するかによっても審査対象は異なります。
身分証は、運転免許証、健康保険証、パスポートですが、健康保険証はどこに勤めているかがわかりますので、重要です。
公務員や、会社員などはいいイメージを与えることが出来て、審査にプラスになるでしょう。
運転免許証やパスポートはたいした影響はありません。

 

また、未婚者よりも既婚者の方が信用性が高いため、有利でしょう。
賃貸物件のアパートなどで暮らしている人よりも、持ち家がある人の方が信用性は高いです。
最近は、携帯電話の普及にともない、若い世代の人たちは固定電話を持っている家庭が少ないですが、固定電話を持っている人の方が有利です。
固定電話は、すぐにその人を特定出来ますが、携帯電話はすぐに連絡が取れなくなる可能性が高いため、不利なようです。

 

職業では、公務員は圧倒的に有利でしょう。
次は、会社員です。
経営者は、収入があっても会社員より不利なようです。
安定した仕事ではない人、フリーで何か仕事をしている人や、水商売の人は収入があっても不利なようです。
また、会社員は勤続年数にもよります。
同じ会社で勤続年数が多い人は圧倒的に有利です。
1年未満の人は不利なようです。


ひとくちに、消費者金融といってもいろいろなローン会社が存在しています。
その中でも安心して利用できる銀行系のローンと低金利のローンを紹介しようとおもいます。
金利や審査の部分に関してカードローン 比較の中で、詳しく丁寧に説明しています。
最近は、インターネットでの申し込みや無人契約機を有意義に活用するのも、簡単にできるようになってきているので利用してみるのもいいでしょう。

お金を借りるということは、大変なことであり難しいことであります。
お金を借りる際には、事前に計画を綿密にたてて、ご利用することをおすすめします。